JR・阪急「吹田駅」徒歩5分 産後骨盤矯正・姿勢改善なら「いちのま整骨院」 | 無料託児・キッズスペース完備!

JR・阪急「吹田駅」徒歩5分 産後骨盤矯正・姿勢改善なら「いちのま整骨院」 | 無料託児・キッズスペース完備!

ブログ

吹田市産後骨盤矯正|子供の運動能力

今日は子供の屈伸についてのお話しです。

最近はしゃがむ事の出来ない子供達が増えてきています。

以前だと考えられなかった事が現代の子供達には起こり始めています。

 

なぜしゃがめない子供が増えているのか?(しゃがむとはかかとが浮かずに屈伸が出来るかです。)

 

しゃがめない(踵が浮く、後ろに倒れて尻餅をついてしまう)
そしてしゃがむ以外にも、片足立ちでふらつく、前屈ができない、まっすぐ走れない
スキップできない なども多い子供のお悩みです。
日常生活で子どもたちの動きにバリエーションが減っている事がが影響していると考えられています。

例えば外遊び、運動遊びの機会が昔と比べ減っているのが現状です。

最近の子供の遊びと言えば、
スマホ遊び(アプリ、動画)やテレビゲームなどが多く、慢性的な運動不足になっている子供が多くいます。
スポーツによって使う筋肉の部位に偏りがあり、バランスよく体全体を動かせていないことが多いのです。

体の一部しか使わないと、多様性がなくなり、体全体をうまく使えないという弊害が出てきます。

 

現代の環境要因も原因となっています。

昔は鬼ごっこやかくれんぼ、木登りなどの外遊びの中で、体全体をバランスよく動かしながら運動能力を身に付けることができました。

最近の子供は、、外遊びの機会が減っているため、深刻な体力低下に陥っているのです。

また時間の減少もあります。学校が終わった後は習い事や塾に通う子供が多く、自由に遊べる時間が減っています。

遊ぶ場所に関しても路地裏や空き地などが減っているため、昔のように思う存分遊ぶことができなくなりました。

住宅地の公園ではボール遊びを禁止するなど制約も多く、
気軽に体を動かせる空間が減っているのも事実です。

 

様々な要因が身体の変化として、当たり前に出来ていた動作が出来ない事に繋がっています。

身体の変化は、姿勢、歩き方、走り方、集中力、運動能力などの低下、悪さの原因となります。

 

どんな症状でお困りですか?下記以外にも身体の不備などでお困りの方はお気軽にご相談ください!

電話予約:06-6381-7736 WEB予約・お問合わせ