JR・阪急「吹田駅」徒歩5分 産後骨盤矯正・姿勢改善なら「いちのま整骨院」 | 無料託児・キッズスペース完備!

JR・阪急「吹田駅」徒歩5分 産後骨盤矯正・姿勢改善なら「いちのま整骨院」 | 無料託児・キッズスペース完備!

ブログ

吹田市産後骨盤矯正|腹筋の低下

今日は産後のお悩みで一番多い腰痛についてです。

妊娠するとホルモンの影響で骨盤の緩みが起こる事は以前にも何度が書かせて頂きましたが、今日は腹筋の低下がもたらす腰痛についてです。

体幹を支える腹筋。腹筋の低下は姿勢の崩れに繋がります。

妊娠中、子宮を支えた腹筋は、出産後は伸びきった状態になります。

そのまま育児をしていると、お腹に力が入りにくく、抱っこの際赤ちゃんを腰で支えることになり腰痛になりやすくなります。
腹筋の主な役目として、姿勢を維持する、前屈させる、排便や咳、出産時のいきみなどの腹圧をかけること。などがあります。
妊娠すると子宮が大きくなるにつれて、左右の腹直筋の間の白線と言われる部分が裂けるように離れていきます。

 

白線のちょうど真上にあるのがおへそです。

ムキムキの方の腹筋であるシックスパックが現れている方のおへそは、腹直筋が上下にひっぱるので縦型になっています。 これが理想です。
ですが、妊娠中、腹直筋が左右に離れるとママのおへそは真横に引っ張られ横長になっていきます。

産後、腹直筋が元に戻ればおへそも元の形に戻りますが、離れたままだとおへそも横長のまま。腹直筋は出産後、子宮の収縮にともない元に戻りますが、1年以上かかったり、元に戻らないケースも多いです。
腹筋は体幹部の前面を構成しているので、腹直筋が離開していると体幹が安定せず、身体のバランスがどんどん崩れてしまいます。その状態で抱っこしたり、オムツ替えをしたり、授乳したり……前かがみの動作を日々繰り返さなければいけません。

 

日々の腰にかかるストレスは痛みとして現れ生活に支障をきたしてしまいます。

 

そうならない為にも、骨盤矯正プラス、腹筋、骨盤底筋群のトレーニングが大切です。

どんな症状でお困りですか?下記以外にも身体の不備などでお困りの方はお気軽にご相談ください!

電話予約:06-6381-7736 WEB予約・お問合わせ