JR・阪急「吹田駅」徒歩5分 産後骨盤矯正・姿勢改善なら「いちのま整骨院」 | 無料託児・キッズスペース完備!

JR・阪急「吹田駅」徒歩5分 産後骨盤矯正・姿勢改善なら「いちのま整骨院」 | 無料託児・キッズスペース完備!

ブログ

吹田市で産後骨盤矯正ならいちのま整骨院 『産後直後の骨盤』

皆さんこんにちは。 いちのま整骨院です。

今日は出産直後の身体についてのお話しです。

出産後すぐの産褥期(出産後1カ月頃)は出来る限り安静が必要です。

 

理由としては、産褥期の産後の体には大きな変化が起こっています

出産後は、赤ちゃんがお腹から出てくるので、体が軽くなり、動きやすく感じることがあるかもしれません。

しかし、赤ちゃんを産むために、骨盤は日常ではありえないくらいに大きく広がり、グラグラの状態になっています。腰の筋力が落ち不安定になっています。

この骨盤が、日常生活を送れるくらいに締まり、安定するのに約1か月かかります。

この骨盤が広がっている時期に、歩き回ったり、起き上がっている時間が長いと、どうなるでしょう。妊娠中はお腹が大きくなるので、骨盤の中はほぼ子宮が占めています。ところが、出産すると子宮は縮まり、子宮があった場所には、上に押し上げられていた腸などの内臓が降りてきます。

広がったままの骨盤の中に、この内臓がはまり込んでしまうと、骨盤はそれ以上締まることができなくなります。そうすると、腰痛がおきたり、お尻が大きいままだったり、骨盤底筋に内臓の重さが大きくかかり、尿漏れが起きやすかったり、だるさがなかなか取れなかったり、と様々な症状が出てくる可能性が高くなります。

産褥期の過ごし方は出来る限り安静にし、ご自宅でゆっくりする事をお勧めします。

なので、産後の1か月は、起き上がっている時間よりも、横になっている時間の方が長いことが大切です。お母さんがするのは赤ちゃんのお世話だけ。とはいえ、赤ちゃんのお世話をするだけでも、たくさんの時間起き上がっていることになると思います。赤ちゃんのお世話に1時間かかったら、今度は1時間は横になって休む、そんな風に心がけると、1か月の安静期間が過ぎた後は動きやすい身体になってくると思います。

産後は、出産の疲れを取るためや、睡眠不足の解消のためだけに休むのではなく、体の状態を元に戻すために、安静にしておく事が必要です。

 

 

どんな症状でお困りですか?下記以外にも身体の不備などでお困りの方はお気軽にご相談ください!

電話予約:06-6381-7736 WEB予約・お問合わせ