JR・阪急「吹田駅」徒歩5分 産後骨盤矯正・姿勢改善なら「いちのま整骨院」 | 無料託児・キッズスペース完備!

JR・阪急「吹田駅」徒歩5分 産後骨盤矯正・姿勢改善なら「いちのま整骨院」 | 無料託児・キッズスペース完備!

ブログ

吹田市産後骨盤矯正|恥骨痛

皆さんこんにちは。

今日は産後のお悩みで多い恥骨痛についてです。

 

恥骨痛とは、股あたりの恥骨に現れる痛みのことです。ただし、恥骨そのものではなく、左右にある恥骨を結ぶ軟骨である「恥骨結合」に痛みが出ています。この恥骨結合が損傷することによって、恥骨痛が現れます。

産後の恥骨痛の症状には個人差があり、生理痛のようなチクチクした痛みを感じる人もいれば、歩けないほど強い痛みを感じる人もいます。

産後の育児で忙しいママは放っておきがちですが、徐々に痛みが激しくなることもあるので、できるだけ早く対処をする事をお勧めします。

 

産後に恥骨痛が起こる原因とは?

産後は、なぜ恥骨結合部分が損傷しやすいのか?産後の恥骨痛には、出産とホルモンが関係しています。

出産時に胎児が産道を通るときに骨盤が開き、恥骨結合部分が伸びたり捻じれたりすることによって損傷してしまうと、産後の恥骨痛につながります。特に、妊娠前や妊娠中から恥骨痛があった、姿勢が悪い、脚を組みやすい、などで骨盤が歪み気味だった人は、恥骨痛が起きやすくなります。

「リラキシン」という女性ホルモンも恥骨痛に関係しています。リラキシンには関節や靱帯を緩める働きがあり、このホルモンの分泌量が増えることによって、分娩の際に赤ちゃんが産道をスムーズに通れるようになります。

出産にかかる時間も関係しています。

時間がかかった場合、骨盤にかかる負担は大きく、開きも大きくなる為痛みを生じる事が多くあります。

 

出産でママにかかる体への負担はかなりのものになります。

痛みや動き辛さなどある方は、歪み・開きをしっかりと元に戻し、安定したお体になるよう早めの処置をお勧めします。

 

どんな症状でお困りですか?下記以外にも身体の不備などでお困りの方はお気軽にご相談ください!

電話予約:06-6381-7736 WEB予約・お問合わせ