JR・阪急「吹田駅」徒歩5分 産後骨盤矯正・姿勢改善なら「いちのま整骨院」 | 無料託児・キッズスペース完備!

JR・阪急「吹田駅」徒歩5分 産後骨盤矯正・姿勢改善なら「いちのま整骨院」 | 無料託児・キッズスペース完備!

ブログ

吹田市産後骨盤矯正|ドケルバン病

皆さんこんばんは。

産後骨盤矯正の患者様で最近手首の痛み、腱鞘炎でのお悩みの方が続いてご来院頂いています。

産後は授乳や抱っこが多い事から、手首、腕に負担がかかり痛める事が多くあります。

腱鞘炎の中でのドケルバン病までなる、治るのに時間がかかる事と最悪手術を行わなければいけません。

今日はドケルバン病について詳しく説明します。

 

ドケルバン病は手くびの親指の付け根におこる腱鞘炎です。

親指を伸ばす腱は手くびで伸筋支帯(しんきんしたい)という長さ2cmほどのトンネルを通過します。この部分で炎症(腱鞘炎)がおこると,腱が腫れ、トンネルの壁が厚くなります。

その結果、腱の通り道が狭くなり腱の滑りが悪くなることが原因です。

関連画像

症状は手くびの親指の付け根部分の痛みです.親指を伸ばす,あるいは親指と人差し指の間を広げる動作で痛みが強くなります。

親指を他の指で握りながら、手くびを小指側に曲げる(尺屈)と刺すような痛みが誘発されます。

治療は,まず親指の過度の使用を避け、出来るだけ使用を避ける事がもっとも大切です。

ですがお子さんがいると、安静にも出来ないので、固定を行い出来るだけ負担がかからないようにします。

腫れを引かせることで、動かしやすくなる改善も早くなりますので早期の治療がとても重要です。

 

我慢しているとそれだけ治りも期間がかかってしまいますので早期のご相談を!

 

どんな症状でお困りですか?下記以外にも身体の不備などでお困りの方はお気軽にご相談ください!

電話予約:06-6381-7736 WEB予約・お問合わせ